百万円と廃人女

今日も明日もゲームでしあわせ。プレイ記は愛ゆえ毒舌です(*ゝω・)ノ

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 遙かなる時空の中で5
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

第二章「愛されゆきの旅日記(後編)」


前回の続きです。今度こそ完結です!


第二章「愛されゆきの旅日記(後編)
~遊園地は突然に~」




ゆき大好き変態桜智さんから、「朱雀は新選組の懐にあり」
と情報をゲットしたゆきと親衛隊は、
さっそく新選組の屯所に向かいます。


途中で、ゆき達と別行動をとることにする龍馬。
ゆき「また、会えますか?」
龍馬「…まいった。そんな風に言われて、もう二度と会えんと答える男はこの世にいないぜ。俺たちは、きっとまた会える
相変わらずゆきにメロメロな龍馬さん。
ゆきのこの発言、天然じゃなかったらと考えると恐ろしい。
ゆき…恐ろしい子…!!
ここから、龍馬さん離脱します。


しばらく歩くと、物陰で息も絶え絶えな沖田を発見。
ここはボイスをつけるコーエーの策略。
沖田さんの吐息ご馳走様でした(土下座)
駆け寄って声をかけるゆき。医者はいらないと拒否されます。
ゆきが名前を名乗ると、沖田も名前を教えてくれました。
(ごめんもう知ってたとか、言っちゃ駄目)
容体も少し落ち着いた沖田は、その場を去ってしまいます。
沖田のいた場所に、守り袋が落ちているのに気付くゆき。
新選組の一員でもある沖田に会うためにも、
ゆき達は再び屯所を目指します。



無事、屯所に到着。
が、なかなか中に入れてもらえません。
沖田さんに会わせてください!と粘るゆき。
頑なに断る新選組隊士(地味にポニテ)
押し問答が続いているところに、
明らかに近藤勇と土方歳三っぽい人がやって来ます。
土方「なぁ、可愛いお姫さん。俺とも深い仲にならないか?

こ、こいつは偽物だ!副長はこんなこと言わない!(頭抱え)

何をどうしたら土方歳三をナンパ野郎にしようって発想に
なったんだいルビパさん。

土方歳三が攻略対象じゃないことに心底安心しました。


沖田に守り袋を渡しに来たと事情を話すと
(いや、違うよね?朱雀の札だよね用件は)
それは沖田のお姉さんの手作りだと近藤さんに教えられます。
近藤さんと土方(呼び捨て)に、
沖田の友人と勘違いされたゆき達。
和やかな雰囲気で自己紹介をします。
もちろん近藤勇っぽい人と土方歳三っぽい人とは
そのまんま本人でした(やっぱりな!)
が、朱雀の単語を出した途端、不穏になる空気。
沖田の友人から一気に不審者へ。
ひとまず逃げるが勝ちだ!ってことで、急いで屯所を後に。
日が暮れてきたので、そのまま二条城に戻ります。



その日の晩。
所変わって池田屋。そう、あの池田屋事件です!
「御用改めである!」と池田屋に乗り込む新選組。


二条城で休んでいたゆき達は、大きな爆発音を聞きます。
音のした方角を見ると、炎と空を舞う朱雀の姿。
急いで現場に急行します。


池田屋付近は、朱雀の放った炎で大炎上。
ゆきはもちろん池田屋の中に突っ込みます。
近藤さんに途中止められるものの、振り切って2階へ。
案の定、炎の中で倒れている沖田を発見します。
ゆきの登場に驚く沖田に対し、
朱雀を止めるために来た、神子の力なら止められると
事情を説明するゆきでしたが、
命令だから朱雀を止めることはできないと拒否する沖田。
そこへなんちゃって土方登場。
被害が甚大だから朱雀を止めろと命令、
沖田も朱雀止めようとしますがフラフラして止められません。
人の血を浴びて、穢れが強くなってしまった朱雀。
戦って止めることに!
例え朱雀だろうと、
レベル上げまくった我がパーティーの敵ではない。

朱雀を倒し、鎮めることに成功するものの、
朱雀の札は土方に持って行かれてしまいました。



体力を消耗してしまったゆきと共に、二条城に戻る途中
いつもと様子の違う龍馬に再開します。
心配になって追い掛けるゆき。
そこで龍馬から、象山先生が暗殺されたことを聞かされます。
(龍馬は元々、象山先生に教えを請う為京に来てました)

龍馬「この時代は…人の命が軽すぎる。そう思わないか?みんな、人の命を粗末にしすぎだ

龍馬「なんで、人を殺すかなぁ。俺は…人を殺すのは嫌いだ

と、胸の内を語る龍馬。
言葉も交わさずに剣を向け殺しあう現状、人はみな人の子。まずは歩み寄ることが必要なのに、なぜ皆はそれが分からないのか…。
それを聞いて、きっとこの世を変えられると話すゆき。

それを聞いた龍馬は、突然青龍の札を渡します
坂本家に代々伝わっていたらしい…って、
そんな大事なもの渡しちゃって大丈夫ですか!?
ゆきが触れた途端、呪詛が浄化された札。
それを見た龍馬は、
龍馬「やっぱ、お嬢は俺の…」と
言いかけてその場を去っていきます。
お嬢は俺の何だ。


二条城に戻り、天海に事情を話す一行。
ここで意外なことを天海から言われます。
呪詛を祓った四神の札を、現代(ゆきの世界)に持って行き
そこの東西南北にある台座に設置すると、
四神が神子に力を貸してくれる…
というもの。
どこか胡散臭い気がしないでもないですが、
そこは素直なゆきちゃんですから!
素直に現代に戻り、
たかしがたまたま見つけていた東の台座に向かいます。

言われた通り、青龍の札を設置すると…





遊園地が出てきた





どうやら4人の思い出の地みたいですが、なにゆえ遊園地
世界観とマッチしてなさすぎて思わず吹き出したわ!


この調子で札を設置していこう!と、
途端に前向きになったゆき一行は
再び幕末期に向かいます。
置いてきぼりのたかしは、台座探しをしてくれるそう。
やっと役に立ったな!たかし!


ここまででまだ2章なんだから驚きです。
(11章まであります)


もう少しサクサク書かねば…要約せねば…




次回「桜智さんが好きすぎて辛い」乞うご期待!




スポンサーサイト

  1. 遙かなる時空の中で5
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

第二章「愛されゆきの旅日記(中編)」


長すぎたので分割しました!(どんだけ)
前回からの続きです。


「愛されゆきの旅日記(中編)
~ごんぎつねとゆき~」





札探し初日を終え、二条城に戻る一行。
その日の晩、ゆきの部屋の前にピンクの薔薇(?)が
そっと置かれているのに気付きます。
綺麗だなぁ~と喜ぶゆきとは反対に、
都は花を置いた犯人(酷い)を見つけ出そうと躍起に。
今日も都は通常運転です。
しかし犯人は見つからず。都のモヤモヤは晴れません。


翌日、京の某所にて。
新しい瓦版が掲示されます。
その内容のぶっ飛び方に唖然とする町人たち。
その内容が、以下の通り。

「天女 –––––侵しがたき神域–––––
空から天女が舞い降りた 曇天を大胆に割き
まばゆき光でこの地を照らす–––––龍神の神子の光臨である
その姿の美しさたるや 到底、筆舌に尽くせるものではない
神気をまとった、瑞々しい肢体…それはもはや、言語––––
いや 文明を越えた高みにあるものだ
その高みまで昇りつめ 彼女が放つ光の海で
波にさらわれ、溺れてしまえたら…
いや、そのような望みは 抱くだけでも大罪であろう
彼女は、龍が遣わした天女––––
清らかなる神域を侵すことが許されるはずはない
地上に這うばかりの この身で叶うことといえば
天女を拝し、崇め奉ることのみ
見つめるだけで、空気が甘く熟す
この喜びと感動は まさに、ひとかたならず…」






病気だ





引き続き、札探しです。
鴨川にて、チナミの本名を訪ねるゆき。
チナミ「…名は特別なものだ。まだ父に遠く及ばぬ未熟者が名乗れるものではない

しかし小声部分が聞こえなかったゆき。
ゆき「それなら、チナミくんの特別な人は名前を教えてもらえるんだね
チナミ「なっ…なぜ、そうなる!!
天然っぷりを発揮するゆき。真っ赤になるチナミ。
可愛すぎるコンビ誕生の瞬間…!眼福!
(そして地味に☆2つ上がるチナミ)


団子屋さんで休憩するゆきたちは、
異人(外国人)が怨霊を連れてきたという噂を耳にする。
どうやら三条小橋に怨霊が出てるらしいので、
何か手がかりが掴めるかも!と現場に急行。
律儀に三条小橋にいた怨霊を封印すると、
ひーろーこと龍馬(ゆきラブ親衛隊 隊員)が登場します。
龍馬「やぁ、また会ったな」
会うたび早々に☆2つ上がる龍馬さん。
だ・か・ら!
前回あれほど!無闇に☆を打ち上げ(以下略)
怨霊と異人の話をすると、そんな噂は信じないと言う龍馬。

龍馬「この日の本に生まれようが、よその国で生まれようが、人の子は人の子。ものの道理も人情も、肝心なところは何も変わらん

まっことその通りぜよ!
ってくらい、ほんとその通りですよ。
異人とか神子とか八葉とか長州藩とか薩摩藩とか、みんな人の子なんですよね。生まれも育ちも性格も見た目も違えども。話し合うこともしないで、刀を向けて殺しあう。例えそこに、己の貫きたい信念があったとしても、歩み寄ろうとするその姿勢がまず、大切なのではないかと!そういうことですね!龍馬さん!(うるさい)


龍馬のこの言葉聞くまで、
今が激動の時代だって忘れてました(おい)


瓦版に記されていた、勧進橋に着いた一行は
怨霊と華麗にバトル!一発K.O!やったね!
ところが、不意を突かれて肩に少し怪我を負ってしまうゆき。
天海に薬をもらおうと城に戻るものの、天海は不在。
(使えないやつだ!)
日も暮れてしまっていることもあり、
薬は翌日買いに行くことに。
そんなゆきの元に、不思議な贈り物が。
部屋の外に「きずぐすり」が置いてあるではないですか!
ゆき「肩の怪我のために、誰かがくれたのかな…嬉しい。部屋に入って、さっそく塗っておこう

いや!そこ!少しは躊躇え!
誰かがくれたなら一声かけるだろ!
毒薬だったらどうするねん!おい!こらー!

躊躇わずに塗る我らが白龍の神子、ゆき。

物音を聞いて、隣の部屋から瞬兄がやってきます(犬か!)
部屋に入るなり、驚く瞬兄。
瞬「…着替え中には、男を中に入れたりしないように

お前服脱いでたんかーい!!!!

違うよ!薬塗ってたんだよ!と弁解するゆきだけど、
瞬兄はちゃんと入る前に「入りますよ」と声かけたのに
服脱いだまんま「どうぞー」と言っちゃうことが問題
なんだよ!
いくら兄弟同然だからってねぇ!あんたねぇ!
襲われたって文句言えないよ!


薬を塗っていたことにも驚く瞬兄。
そりゃそうでしょ。普通得体の知れない薬塗らないよ!
誰が持ってきたかも分からんのに!
幸い、漢方系の膏薬だったみたいです。

瞬「あなたは警戒心に欠けている

今更ながら尤もなご指摘。これは瞬兄も苦労しますよ。


と言うかもう、花といい薬といい、

ただのごんぎつねじゃねぇか



翌日、二条城に龍馬がやって来ます。
どうやら夢の屋が出した新しい瓦版を持ってきてくれた模様。
無闇に町中歩くより、夢の屋探そうぜ!って今更な提案をされ
龍馬協力のもと、次は情報屋夢の屋探しをすることに。

祇園にて、夢の屋情報ゲット!
そして人混みの中で、

女性に囲まれる桜智さん発見


桜智さあああああああああん(号泣)

会いたかった!会いたかったよ桜智さん!
その儚げな佇まい!物憂げな眼差し!妖艶ささえ感じる吐息!
桜智さん!桜智さん!桜智さん!(うるさい)



ところが、その光景を見たチナミと都は
チナミ「あんな奴が「夢の屋」のはずがない…派手すぎる
都「確かにな。あれは、悪目立ちしすぎる
と、ご尤もだけど何気に酷い評価。

再び夢の屋を探し直そうと、その場を後にするゆき御一行。
その後ろ姿に気付いた桜智さん(目ざとい)
桜智「あれは…あの、後姿は…ゆき、ちゃん…」


まだ知り合っていないのに名前ちゃん付けとか
何それ萌える



こっからお待ちかねの桜智さんタイム!


蕎麦屋さんで休憩することになったゆきたち。
ゆきの靴紐がほどけてしまったので、縛り直す為立ち止まります。
瞬兄たちは一足先に店内へ。
そんなゆきの所へ、夢の屋がすぐそこの角を曲がったと
町人が情報を持ってやって来ます。
もちろんゆきはそのまま追い掛けて行きます。
店内にいるはずなのに、ゆきの異変に瞬時に気付く瞬兄


教えられたまま角を曲がると、ゆきは誰かにぶつかります。

はい!スチルドーン!

美麗スチルはいきたドーン!!!!


桜智さんと正面からぶつかっちゃいます。
ゆき「思いきりぶつかっちゃってごめんなさい。痛くありませんでしたか?」
桜智「キミは…わ、私の心配をしてくれるのかい…?
赤面する桜智さん。発狂する私。

そこに駆け付けてくるゆきラブ親衛隊。
都「お前…っ!この子に何をしたんだ!
いや、ぶつかっちゃっただけだよ?
瞬兄「…こちらへ」
ちょ、桜智さん見る目が怖すぎるよ?
チナミ「貴様…恥を知れ!白昼から、このような町中で女子に手を出そうなどと!
やめてー!桜智さんを変人扱いしないでー!
流石としか言えない、この3人の親衛隊っぷり。

咄嗟に桜智さんを庇うゆき。
桜智「キ、キミは…なんて素敵な子なんだろう…っ。姿ばかりじゃなく、心まで…!」

桜智さんに自己紹介するゆき。
桜智「あぁ、もちろん知って…い、いや…私は福地桜智。でも、好きに呼んでくれてかまわないよ…キミになら…」
ゆき「桜智…さん?」
桜智「えっ…その…さ…さようなら…!」
たまらず赤面しながらその場を走り去る桜智さん。
多分きっと、鼻血垂らしてたに違いない(それがまた良い)


その場に残されたゆきたちの元に、
さっき情報をくれた町人が再び登場。
さっきの変人桜智さんが夢の屋だと教えてくれます。
絶句する都とチナミ。
と、ゆきの襟に小さな紙が入ってることに気付きます。
そこには、「朱雀は新選組の懐にあり」の文字。
どうやら夢の屋桜智さんがくれた情報の様。

がしかし、都はそんなことよりも
都「それはそれとして、だ。あの男、お前の襟元に、手を…?やっぱり完全に変態じゃないか!」と
げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリームでした(古い)


普段はとんでもないほどの天然っぷりを発揮するゆきちゃん。
珍しく今回は、薔薇の花やきずぐすりをくれたのが
桜智さんなのだと勘付きます。
ごんぎつねが桜智さん…たまらん


ようやく朱雀の札の在り方が分かったので
いざ、新選組の屯所へ!(長すぎる)


次回「愛されゆきの旅日記(後編)」へ続く!




  1. 遙かなる時空の中で5
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

第二章「愛されゆきの旅日記(前編)」



前回までのあらすじ

不思議な力によって異世界の幕末期に
飛ばされた、天然救世主乙女 蓮水ゆき
愉快な仲間たち(別名 ゆきラブ親衛隊)は、
すったんもんだありながら
武器を手にし怨霊を退治して現代へ戻るものの
異世界のとばっちり食らって崩壊寸前の故郷!
自分たちの世界を救う為、もう一度異世界へ!
麗しのポニテ青年と出会ったりなんだりして
最後には空飛ぶ朱雀を鎮めちゃったりして
無事に現代に戻ることに成功しちゃった!
心なしか少し良くなってる気がする…!
よし、こうしちゃいらんねぇや!
もっかい異世界行ったるで!

意気込んだ一行は、再び幕末期へ!





大体こんな感じ。




第二章「愛されゆきの旅日記(前編)」「邂逅」



再び幕末期の日本(異世界)にやって来たゆき達
早速、ゆきラブ親衛隊特攻隊長 都が
「立てるか、ゆき。ほら、手を貸してみろよ」
とイケメンっぷりを発揮します。
(都はゆきと同じ女の子)

今回はどうやら京に飛んできた様子。
都曰く、幕末の京は
血で血を洗う抗争が繰り広げられてる
らしいです。いや、間違ってないけどね。
なんかその表現だともう、
運が取り柄のラッキーワンワン思い出すわ!
アイス大好きなマッドドッグとか
髪の毛後退してる素敵幹部とか
ツンデレ全開のあの子とか
金髪大好きなライオンとか(うるさい)
CR-5に会いたい…



そんなゆき達の前に、龍馬が通りかかります。
ゆきに会っただけで☆が2つ上がる龍馬さん。
相変わらずゆきのこと大好きすぎです。
ここでやっと龍馬に自己紹介するゆき(遅っ!)
またまた☆が2つ上がる龍馬さん。

だ・か・ら!!

そんなにぽんぽこぽんぽこ
☆打ち上げちゃダメでしょ!龍馬さん!

いかほどお手軽なの!!(でも好き)



龍馬と別れ、京を歩いていると
都が浪人に絡まれます。
そんな都を心配する我らが神子、ゆき。
都「大丈夫だって。お前がぶつからなくてよかったよ
都「ほら、もうそんな顔するなよ。お前が無事ならそれが、私には一番なんだから
都、今日も絶好調の様子。よかった!(何が)


またしても襲いかかる浪人をザシュ!っと
斬り捨てて登場しました
沖田総司さん
浅葱色の隊服が、とっても…中華です。
そして、あなたもどこぞの弁慶を彷彿とさせる髪の毛でいらっしゃいますね…
絶対八葉だろ!そして朱雀だろ!!!(確信)
とりあえずあれですよね、新選組ってことは
私の旦那の左之助も在籍してるんですよね!
どこですか!左之助はどこですか!(必死)


浪人は成敗したものの、安心はできません。
ここは、
血で血を流す抗争が繰り広げられてる京
浪人の次は怨霊が、
これでもか!とゆき一行を襲います。
もちろんものの1分でフルボッコです。
そして入れ替わり立ち代わりで、天海も登場。
胡散臭さ撒き散らしまくってます。
ゆき達は、天海に連れられ二条城へ。
とっても立派な部屋に案内され、
ここを拠点に活動して良いとのこと。
この男…怪しい


翌日、みんなで天海に大質問大会!!!
ってことで色んなことを聞きまくります。
天海の話を要約すると、
異世界(幕末期)とゆき達の世界(現代)は
表と裏のように繋がっていて
幕末期の異変が現代にも影響を与えている。
現代を元に戻すには、
四神(青龍・朱雀・玄武・白虎)の力を
取り戻さなくていけない…!
まずは、四神の札を探して呪詛を浄化しよう!



今のとこ、持ち主が分かってるのは
高飛車高杉が持ってる玄武と、
マコトさんが持ってる朱雀のみ!

ただ、朱雀の札は行方不明らしく
(何やってんだ天海!こらぁ!)
ゆき達は札探しの為、京の町に繰り出します。


早速京の町で、瓦版とチナミを発見!
瓦版に書いてある天狗党はチナミ達のことで
朱雀の札探しの為にチナミは、特別に解放されたらしい。
ここからチナミも加入し、共に札探しします。


ここから都のターン!

西九条を歩いていると、
ゆきの髪飾りが取れてしまいます。
それを率先して直してくれる都。

以下、2人の会話です。

都「じゃ、動くなよ…

都「相変わらず触り心地抜群だな ゆきの髪は」
ゆ「都、適当でいいよ そんな丁寧にしなくても…なんだか、くすぐったい
都「髪、触ってるだけだろ?…ったく、ゆきはちょっと くすぐったがりすぎだって」
ゆ「だって…」
都「ほら、じっとしてないと ちゃんとできないぞ?…すぐに終わるからさ」
ゆ「はーい…」

なんだろうこの漂うバカップル感。
そして都の言い回しがいちいちエロく感じるのは
私だけじゃなかったはず!(だと思いたい)

そんな私と同じように感じた人がここに一人。

2人のいちゃいちゃっぷりを見てたチナミは、
顔を真っ赤にしながら(ここポイントだよ!)
チ「…なぜだ!女同士で髪を結っているだけなのに、目のやり場に困るとはっ…

瞬「…お前の気のせいだ」

チナミそのリアクション正解!
瞬兄サラッと何言ってんの!慣れって怖い


が、都のターンはまだ続く(ずっと俺のターン!)

体調の悪そうな都を気遣うゆき。
都「ゆきがそばにいてくれれば、私は大丈夫だから

そんな都に対し ゆきに甘すぎると
指摘するチナミ
(よくやった!)

都「ゆきに構いすぎて何が悪いわけ?お前にとってゆきは、朱雀を探すために同行する仲間…それだけかもしれない。けど、私にとっては、ゆきは私を救ってくれる、なによりも大切な存在なんだ。ずっと…ずっと前からそうだった」

これぞ親衛隊特攻隊長

都「一緒にするな!


そんな都が私は、大好きだ!!!(末期)


まぁ、ここら辺は都ルートやると
色々分かってくるので(なんとなく覚えてる)
とりあえずゆきラブなんだな!って
認識しておきましょう。特攻隊長だもんね。



第二章が思いの外長かったので
(というか私の愛が暴走気味(特に後半))
一旦ここで切ります。


都の献身的な愛はどうなるのか!
瞬兄の笑顔は次こそ見れるのか!
チナミの三つ編み事情とは!
というかそろそろほんとに桜智さんください!



次回「愛されゆきの旅日記(中編)」につづく!












  1. 遙かなる時空の中で5
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

第一章 「運命のポニーテール」


前回までのあらすじ

義兄弟の瞬・崇、幼馴染の都と共に、
冬休みを利用して日本に帰省した主人公
蓮水ゆきは、突然の強い衝撃と共に
日本の幕末時代へとタイムスリップ!
異形の存在、怨霊に狙われながらも
元の世界へと戻る方法を探すことに。
ゆきの秘められた力のおかげで
無事に元の世界に戻った3人だったが、
荒廃しきった日本の姿を知ることとなる。
異常事態の原因を探るため、
捜索していた3人は再び怨霊に遭遇し、
不思議な力に導かれるように、
深い狭間に落ちるのだった…。



とか真面目に書いてみました!
まぁ、大体合ってる!大丈夫!(適当)


そんなこんなで序章が終わり、
1章の幕開けです。
桜智さんへの道はまだまだ長い!(涙目)



第一章「運命のポニーテール」「動乱」



舞台は再び幕末期の日本へ。
空を見上げた天海は、
舞い降りてくるゆきを発見。

「親方!空から女の子が!!!」

(byラピュタ)

パズーも真っ青です。
これ、ゆきは舞い降りてるけど
一緒に飛んできた瞬兄と都はどうなったの!?
共に舞い降りてないところを見ると、
そのまま地面に
ベタンッ!ってなってるんですか!
それはあんまりじゃあないですか!(落ち着け)
仮にも八葉と黒龍の神子なんだからそこは!
平等にいきましょうよ!!!!!

そしてさり気に、
天海の隣に立ってる桜智さん(後ろ姿)
はやくこっちにこい(血眼)



都に呼ばれ、目を覚ますゆき。
また伝統装束に身を包んでます。
誰もそれに関してはツッコみませんが(何故だ)

と、そこへ
東照宮に向かう御一行が通りかかります。
どう見てもヒノエとイノリとイサトを
足して2で割ったような男

チナミとの遭遇です。

出会って早々、
ゆきを「お姫様」呼ばわりするチナミ。
お姫様て あんた!お嬢よりいいけど!(そこか)
挙句には、
チナミ「都?女みたいな名前だな」
ゆき「都は女の子だよ
チナミ「そんな外見で女だとわかるか!
と、盛大に逆ギレをかまします
都、ここは怒っていいところだよ!!!!

理由は話さずに、
俺たちがこれから東照宮に行くから
お前たちは来るな!絶対だぞ!と
ジャイアンみたいなことを言い出すチナミ。
その名もジャイアニズムチナミ(強そう)


こんにゃろ!そんなに言われたら
別に行きたくもないのに行きたくなるだろ!
と反骨精神全開に食ってかかろうとすると、
チナミの背後から人影が。





整った顔立ち。
漆黒の美しい黒髪。
柔らかな物腰と耳に心地良い美声。


まるで爽やかに吹く風のように…

藤田小四郎さま華麗に参上!

ど、ど、ど、どストライクすぎる!!!
久々に胸がドキッ!ってなるのを聞いた!!
その狙ったかのようなポニーテール!
あざとい!
爽やかな笑顔!
もっとあざとい!
攻略対象じゃないことが本当に悔やまれる!
マコトさんルートがあったら喜んで
馳せ参じる所存にございます!!(気持ち悪い)

ここで、
マコトさんからも東照宮には来ないよう
念を押されます。
ま、まぁ、マコトさんが言うなら…(おい)

いいか、お前ら
さっき言ったこと、忘れるなよ!

と、捨て台詞よろしく
チナミ達御一行が去っていきます。


まぁ、ここで引き返す訳もなく!

チナミたちとは別ルートで東照宮向かいます。


東照宮に近付くと、何やら騒がしい上に、
東照宮付近が燃えているではないですか!
しかもまた、東照宮から不思議な声が。
(前回も玄武の声が聞こえたゆき)
飛んでくる火の粉に襲われるゆき!
それを助けたのは…ゆきラブ親衛隊ではなく

天海だーー!!!!!!

前回と同じスチル引っ提げて、
天海華麗に登場です。
それは火鼠の羽衣ですか!!

ゆきのことを白龍の神子だと言う天海。
再び幕末期に戻ってこられたのは、
天海が渡した砂時計に込められた
白龍の力のおかげなのだ言う。
困惑するゆきと都。
が、そこはさすが我らがゆきラブ親衛隊隊長。

瞬兄「ゆき、あなたこそが龍神の神子…

これっぽっちも困惑しません。さすがです。


天海と共に東照宮に行く御一行。
そこでは聖獣 朱雀が炎を使い周りを焼き尽くし
一面火の海、まさに地獄絵図です。
なんてこった!
その炎の中、チナミを発見したゆきは、
チナミが朱雀を操ってると勘違いし、
走って止めに行きます。
が!実は操っていたのは兄のマコトさん!
(やっぱりな!そうだと思ったよ!)
朱雀が暴走し、ゆきたちを襲います。
またしても3人でフルボッコ快勝のゆきたち。
天海に言われた通り、
朱雀の呪詛を祓おうとしますが、
3人は再び砂時計の力で
強制的に現代に戻されてしまいます。

ゆきが消えたことに驚くチナミ!
その場に倒れてしまうマコトさん!
チナミたち(天狗党)を捕縛する天海!
どうなる!?幕末期!!!!!




一方で、現代に戻ってきたゆきたち。
一面に広がる砂漠…が
少し良くなっていることに気付きます。
(見晴らしがよくなってる的な感じです)
天海の言葉を思い出し、幕末期を救うことで
現代も元に戻ることを知ります。


そうと分かればオチオチしてらんねぇや!!


(たまに男前)ゆきと親衛隊たちは、
またしても再び幕末期へと向かうのでした。




次回 2章「愛されゆきの旅日記(前編)」に続く!





  1. 遙かなる時空の中で5
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

序章「日常」と見せかけ「異常」



セーブデータ丸ごと消えたという哀しみを
乗り越えて、神子ただいま参ります…!!




2年ぶりに遙か5最初からやり直しです。
でももう桜智さんとしゅんにー以外、
記憶が曖昧なので(おいコラ)
これはこれで良かったのかもしれない!



今回の神子、蓮水ゆきちゃんは、
とってもとっても天然で超お人好し
日本の歴史に疎くて(ここ大事だよ!)
フェンシングの実力者で(テストに出ます)
ときどき会話がとんちんかんで
そしてとてつもなく可愛い
(外見が)

今まで1番(外見が)可愛いのは
初代のあかねだと豪語してたんですが、
ゆきちゃん可愛い。可愛すぎる。
絶妙なふわふわ感と髪色。
そこはかとなく漂うほっとけない雰囲気。
女子好きの私としては
たまらんスマッシュである。
これなら私も八葉になりたい。



前置きはここまでにして、
舞台は空港からスタート(斬新!)

冒頭から変な男にナンパされつつ、
鉄壁ボディーガードの幼馴染2人に守られ
無事に搭乗ゲートを通ります。
もう初っ端からツッコミ満載なんですが、
ゆきには最初から恋愛値MAXなんじゃね?
疑ってしまうほどの
ゆきラブ親衛隊が3人もついてます。
初代の詩紋くんとか(あかねちゃ~ん!)
3のメガネ譲とか(先輩っ!)目じゃないです。


まず1人目。
桐生 瞬(しゅん)。23歳。のちの八葉(青龍)。
ゆきラブ親衛隊の隊長。
きっとプレイした神子の誰もが
「その前髪何とかしろよ!!!」
と思ったに違いない。
ゆきにだけ、何故か他人行儀な敬語で話す
寡黙な青年。ちなみに医学部。
ゆきには「瞬兄(しゅんにー)」と呼ばれる。
絶対にゆきのこと大好きなはずなのに、
頑なにそれを出さんと努めるそんな人。
むしろ周りからはゆきに厳しすぎるとか、
冷たいとか散々な言われようである。


2人目。
桐生 崇。隊長 瞬の弟。
崇と書いて「そう」と読むが、
私はずっと「たかし」と読んでいた。
なに、気にすることはない(by空気王)
14歳という今回唯一の年下ポジション。
ゆきラブ親衛隊の隊員。下っ端。
ゆきのことを「お姉ちゃん 」と呼ぶ、
どことなく詩紋を彷彿とさせる少年。
だが、その実態はただの下野である。
そして今作で色々と不憫な男の子。
美味しいところは全部兄が持ってゆきます。



そして3人目。
八雲 都(みやこ)。ゆきの幼馴染で黒龍の神子。
サバサバしていてそこらの男より男前な為、
よく男に間違われる。(浪人とかチナミとか)
ゆきラブ親衛隊の副隊長にして、特攻隊長。
しゅんにーがゆき大好きっぷりを
ひた隠しにするのに対し、
全力でゆき大好きっぷりを出してくる、
そんな女の子(18歳)
そのゆき大好きっぷりは、
作中随所に散りばめられている。
麗しのみつき様ボイスなので、
ただの私殺しでした。ご馳走様です!!!!




親元を離れ、海外に留学していた
ゆきとその親衛隊御一行は、
冬休みを利用して帰省しよう!
ってな訳で飛行機に乗り込んだのですが…


こんだけ濃いメンツが揃って
飛行機がまともに飛ぶ訳もなく



鈴の音がどこからともなく聞こえると
飛行機が揺れ出し視界が真っ暗になります。




ふと、目を覚ましたゆきは
見慣れぬ山の中に1人。
周りには飛行機の残骸どころか、
人っ子1人いやしません。
というかここで、
ゆきの服が遙か伝統装束(私命名)に
チェンジしてるのですが、
そんなこと気にしないのが我らが神子

瞬兄と都たちを探そうと立ち上がります。
そこをすかさず襲ってくる怨霊。
フェンシングの剣があれば!と後悔するゆき。
(ときどき男前です)
身を守るべく怨霊から逃げていると、
そこに現れたのは…



2丁拳銃ぶっ放す
SAKAMOTOの姿!



無駄にかっこいい。さすが我らが鈴村(違う)
ゆるふわヘア、坂本龍馬の登場です。


怨霊を倒し、ゆきに駆け寄ってくる龍馬に対し
ゆきの反応は

ゆき(あ…日本語だ)


そこじゃないだろ!!!!


ゆきちゃんに対するツッコミが止まりません。


ゆきの顔を見るなり、お嬢と呼び出す龍馬さん
しかも何もしてないのに☆が3つも上がります
お前もか!お前もゆきラブ親衛隊なのか!?

龍馬「ほら、お嬢 もっと顔を見せてくれよ
ずっと会いたかったんだぜ?

龍馬も、ゆきラブ親衛隊でした。(確信)



身の安全を確保する為、
ゆきは龍馬と共に山をおります。
そんな中で、まだゆきをお嬢と呼ぶ龍馬。
10年前に会ってから忘れたことはないって、
10年前なら外見変わってるでしょう
心の中で冷静にツッコミ入れることも
忘れません。龍神の神子です。


ここでようやく、都としゅんにーと合流です。
都「なんか服が違うから 一瞬、違うヤツかと思ったじゃないか」
ゆき「あれ?本当だ…制服じゃない 都と瞬兄の服、違う…

ゆきだけ制服だったんかーい!


というか今更気付いたんかーい!!

そこに追い打ちをかける都。

都「ま、そんなことはいいさ バッチリ似合ってるしな

その一言のがどーでもいいわ!!


1分くらいゲーム進めると、
ツッコミポイントが2個ほど出てくる。
それが、遙かなる時空の中で5です。


多忙な龍馬と別れ、再会を喜んだのも束の間
たかし(崇)だけ見つからなかったとのことで
たかしの捜索を開始することに。
下関港まで来たものの、収穫はなし。
ここでも怨霊に襲われるゆきと親衛隊たち
ご都合主義で剣を見つける都!でかした!
ところがその剣は瞬兄に取られてしまいます
そこで都が取った武器は



旋棍


他に何かなかったの!?
よりにもよって何故旋棍!?
おまえは孫策(三國無双)か!!!!!


ゆきはちゃっかり剣をゲットし(さすが神子)
いざ戦闘へ!
初戦闘のくせに苦戦することなく
3人で怨霊フルボッコにして勝利!やったね!

そして
「めぐれ、天の声。響け、地の声。かの者を封ぜよ!」
神子っぷりを遺憾なく発揮しちゃうゆき。
何でそんな言葉知ってるの、とか
もう何もツッコむまい。


その後、
都に「一生おまえは守ってやる」宣言されたり
うさんくさい英語を聞かされたり
綺麗でこれまた胡散臭い諏訪部が出てきたりと
すったもんだありまして、



ゆきは すなどけいを てにいれた。



もうここら辺気になる方は、
ご自分の目で確かめてみてください!(丸投げ)
その方がきっとずっと楽しい気がする。




目を覚ますと
現実世界(現代)に戻ってきたゆきと親衛隊。

でもそこは一面に広がる砂漠!わお!

もはや日本云々じゃない。
話が壮大すぎてついていけない。
まぁこの謎は次回明かされるのでその時に。

と、ここでまたまたご都合主義で
ゆきの自宅を発見します。
驚きながらも家の中に入りますが、
もちろん父と母の姿はありません。

がしかし


「お姉ちゃんー!」


たかしがいたー!!!!!!

感動の再会、のはず。
でも何でだろ、あんまり嬉しくない(暴言)


この後、
寂しかったを連呼するたかしを尻目に(酷い)
再び砂漠を散策し、
これまた無事だった都の家に行き、
そこで怨霊と戦って(圧勝だぜ!)、
謎の穴に吸い込まれました。



はやく桜智さんに会いたい(本音)


次回「1章 運命のポニーテール」乞うご期待!







NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

奈緒

Author:奈緒


現在、「ファイナルファンタジー零式」をせっせとプレイしながら、先日終えた「金色のコルダ3」「アンジェリーク デュエット」のプレイ記をしたためています。今月プレイ予定は「アンジェリーク ルトゥール」と「STORM LOVER V」 (12/11更新)



にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。